マーガリンの注意点 食事

食事から健康を 今の食生活をじっくり考え反省し、根気よく改善するようにしなければ、
高コレステロール、心筋梗塞、脳梗塞など危険な状態になるかもしれません。
食事療法を行っても結果が出るのに時間のかかる人がいるかもしれませんが、
それはやはり体内に蓄えたものが多いからです。
もっとも根気よく頑張れば低くなるのが普通ですから、
あきらめずに食生活の改善を行いましょう。
遺伝的に血清コレステロールが高い人がいますが、こういう人は食事だけ
注意しても数値は下がりませんので、医師の治療などが必要になります。
しかし、ほとんどの人は食事の仕方で下げることができます。
それは、昔の日本人のコレステロール値は低かったのに比べ、
食生活が変わった現代では高くなっているのが何よりの証拠です。

食事から健康を

 TOP > バター・マーガリン類 > マーガリンの注意点
 スポンサードリンク

マーガリンの注意点


 動脈硬化を予防するにはバターよりもマーガリンを使ったほうがよいと言われだしたのは、バターの主成分である動物性脂肪がコレステロールを増やすと指摘されてからです。しかし、もともとマーガリンも動物性と植物性の油を原料として出発したのですから、マーガリンにもコレステロールを増やす成分が含まれているわけです。それがマーガリンの品質改良に伴い、植物油だけを原料としたものが売り出されるようになったため、注目され始めたわけです。

 しかし、植物油だけでは固まらないので、主成分である不飽和脂肪酸の一部を飽和脂肪酸に変える操作をして固めてあります。こうなると、バターよりはましですが、コレステロールを上げる飽和脂肪酸が含まれることになります。もっともソフトタイプのものになれば、新たに植物油を混入してあるので、コレステロールを下げる力はかなり強力になりますが。

スポンサードリンク


【関連項目】

リノール酸入りマーガリン

マーガリンの注意点

ラードやヘット

グラタンやクリームスープ

油を使う理由

油は植物性を使う


■免責事項

 「食事から健康を」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。

  「食事から健康を」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。

「食事から健康を」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。
食事から健康を ~TOP~
野菜類
豆製品
肉類
乳製品類
魚介類
穀物(ごはん、めん類、パン)
くだもの類
お菓子
嗜好飲料類
バター・マーガリン類
たんぱく質について



◆ リンク
リンクについて
リンク集



◆ 管理人
プロフィール






Copyright(C) 食事から健康を All Rights Reserved