バター・マーガリン類 食事

食事から健康を 今の食生活をじっくり考え反省し、根気よく改善するようにしなければ、
高コレステロール、心筋梗塞、脳梗塞など危険な状態になるかもしれません。
食事療法を行っても結果が出るのに時間のかかる人がいるかもしれませんが、
それはやはり体内に蓄えたものが多いからです。
もっとも根気よく頑張れば低くなるのが普通ですから、
あきらめずに食生活の改善を行いましょう。
遺伝的に血清コレステロールが高い人がいますが、こういう人は食事だけ
注意しても数値は下がりませんので、医師の治療などが必要になります。
しかし、ほとんどの人は食事の仕方で下げることができます。
それは、昔の日本人のコレステロール値は低かったのに比べ、
食生活が変わった現代では高くなっているのが何よりの証拠です。

食事から健康を

 TOP > バター・マーガリン類
 スポンサードリンク



リノール酸入りマーガリン

 パン食や洋風の調理の味を出すにはバターは欠かせない食品です。また、バターの乳脂肪は脂肪性食品の中でもっとも消化がよく、とくに子供のエネルギー源としては最良のものです。

     → 続きを読む


マーガリンの注意点

 動脈硬化を予防するにはバターよりもマーガリンを使ったほうがよいと言われだしたのは、バターの主成分である動物性脂肪がコレステロールを増やすと指摘されてからです。

     → 続きを読む


ラードやヘット

 中国料理や洋風料理では調理にラードとかヘットなどの豚や牛のあぶらを使うことが多いものです。

     → 続きを読む


グラタンやクリームスープ

 ホワイトソースを使った料理、たとえばクリームコロッケや、マカロニなどをあえてさらにチーズ、パン粉を振り、バターをのせて天火で焼いたグラタン、ほうれん草のソテーをあえたもの、ホワイトソースをスープでのばして生クリームを加えたクリームスープなど、どれもしゃれた洋風料理で口当たりもよく、ついおいしく食べ過ぎますから、コレステロールの高い人は用心しましょう。

     → 続きを読む


油を使う理由

 カツレツや天ぷらなどの油っこい食べ物は、そんなにたくさん食べなくても力が出てくる感じがします。

     → 続きを読む


油は植物性を使う

 不飽和脂肪酸にはコレステロールを下げる働きがあることは知られていますが、植物性の油には不飽和脂肪酸のリノール酸がたくさん含まれています。

     → 続きを読む



■免責事項

 「食事から健康を」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。

  「食事から健康を」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。

「食事から健康を」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。
食事から健康を ~TOP~
野菜類
豆製品
肉類
乳製品類
魚介類
穀物(ごはん、めん類、パン)
くだもの類
お菓子
嗜好飲料類
バター・マーガリン類
たんぱく質について



◆ リンク
リンクについて
リンク集



◆ 管理人
プロフィール



































































Copyright(C) 食事から健康を All Rights Reserved