野菜類 食事

食事から健康を 今の食生活をじっくり考え反省し、根気よく改善するようにしなければ、
高コレステロール、心筋梗塞、脳梗塞など危険な状態になるかもしれません。
食事療法を行っても結果が出るのに時間のかかる人がいるかもしれませんが、
それはやはり体内に蓄えたものが多いからです。
もっとも根気よく頑張れば低くなるのが普通ですから、
あきらめずに食生活の改善を行いましょう。
遺伝的に血清コレステロールが高い人がいますが、こういう人は食事だけ
注意しても数値は下がりませんので、医師の治療などが必要になります。
しかし、ほとんどの人は食事の仕方で下げることができます。
それは、昔の日本人のコレステロール値は低かったのに比べ、
食生活が変わった現代では高くなっているのが何よりの証拠です。

食事から健康を

 TOP > 野菜類
 スポンサードリンク



野菜はたくさん食べる



 雑誌か本に書いてあったのですが、長寿村といわれている所では、たくさんの野菜を食べているそうです。このような長寿の一因は、野菜に含まれる豊富なビタミン類にあります。

     → 続きを読む


生野菜は一日一皿

 野菜類の長所をいちばん生かした食べ方は、なんと言っても生でそのまま食べることです。もちろんビタミン類の損失がもっとも少ないからです。

     → 続きを読む


緑黄色野菜はたくさん食べる

 緑黄色野菜はビタミンAの供給源としてとても大切です。ある雑誌からの話しですが、ほうれん草の葉緑素の除くと黄色の色素が残ったそうです。

     → 続きを読む


野菜は煮ても食べる

 栄養学的から見て、野菜類は一日に少なくても300グラムは必要なのです。生のまま食べるのも良いのですが、例えば、レタス一個丸ごと食べても80グラム程度にしかならず、

     → 続きを読む


漬け物は少量にする

 漬け物は生活の知恵が生んだ昔からの保存食の英知です。日本各地にはたくさんの種類の漬け物があり、風味も独特です。日本食に欠かせないいわゆる「おふくろの味」ですが、

     → 続きを読む


梅干しは一日一個

 食欲増進やお茶漬けなどに梅干しが愛用されていますが、これは表面に塩を吹くほど塩分が強い食品です。その約24パーセントは塩になります。

     → 続きを読む


芋は毎日食べたい

 戦中戦後を知る人たちには、芋は未だに米の代用食のイメージが強いようです。栄養的に言えば、芋と米とはだいぶ違います。

     → 続きを読む


海草は塩分に注意

 海草に含まれているヨードが不足すると甲状腺の機能に支障をきたしますが、昔から日本人は好んで海草を食べていますので、その心配はないわけです。

     → 続きを読む


外食や旅行の時

 昼食を店屋物や外食ですましたいる人は、どうしても栄養のバランスが穀物に片寄りがちになってしまいます。しかも、外食で野菜類の不足はとくに目立ちます。

     → 続きを読む



■免責事項

 「食事から健康を」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。

  「食事から健康を」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。

「食事から健康を」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。
食事から健康を ~TOP~
野菜類
豆製品
肉類
乳製品類
魚介類
穀物(ごはん、めん類、パン)
くだもの類
お菓子
嗜好飲料類
バター・マーガリン類
たんぱく質について



◆ リンク
リンクについて
リンク集



◆ 管理人
プロフィール




























































































Copyright(C) 食事から健康を All Rights Reserved