中性脂肪 下げる

運動で中性脂肪を下げる  中性脂肪を減らすには、
食事療法と運動療法を並行して行うことが重要。

下げる 中性脂肪

 TOP
 スポンサードリンク
◆ 運動をしても、体重はあまり減らない? ◆


  運動を始めてもすぐには体重は減らない

 運動がなぜ必要かと聞かれたら、”貯蔵エネルギー源である中性脂肪を消費するため”という答えが浮かんでくることでしょう。高中性脂肪状態にある人の回答としては、当然の答え方です。


  運動療法の効果は”長い目”で確認しよう

 運動を続けていると、じわじわと筋肉の量が増えていきます。筋肉は、最大のエネルギー消費器官です。


◆ ウォーキングなどの有酸素運動を習慣に ◆


  運動習慣を身につけ体内の中性脂肪を消費する

 中性脂肪を減らすには、食生活を改善することはもちろんですが、日ごろから運動習慣を身につけ、エネルギー源として体内に蓄えられた中性脂肪を消費することも大切です。


  中性脂肪を減らすには有酸素運動が効果的

 運動には、無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。


  1日30分〜1時間を目標にウォーキングを始めよう

 有酸素運動では、運動開始後20分ぐらいたたないと、脂肪は消費されません。


◆ 運動する習慣がなかった人の”初めの一歩” ◆


  最初は無理をしないことが安全に続ける最大の秘訣

 これまで運動をする機会がなかった人は、体が運動になじんでいません。つまり、筋肉も骨格も心臓も、そして神経系すらも、体を強く動かすことに、すぐには対応できなくなっているのです。


  初めの2〜3週間は体慣らしの期間と考えて

 では、具体的にどのようにして”初めの一歩”を踏み出せばよいのか、その一例を紹介しましょう。


◆ 運動が苦手な人はこんな工夫で長く続ける ◆


  運動の効果は一朝一夕には現れない

 これまで何度か運動の習慣を身につけようと挑戦してきたものの、そのたびに三日坊主で終わってしまったという人もいるかもしれません。


  運動を長続きさせるにはそれなりに工夫が必要

 目に見えるような効果が現れなくても、根気よく2〜3か月はがんばって続けてください。


  なぜ運動が必要なのか、その理由を思い出して

 運動を始めて少したつと、次第に飽きてくるようです。その対策として、1種目の運動にこだわらず、休日にはプールに行ってみたり、サイクリングに出かけてみたりと、何種目か組み合わせると飽きずに続けられるでしょう。


◆ 仕事や家事の合い間にこまめに体を動かそう ◆


  忙しい人は日常生活のなかで運動量を増やすよう心がける

 「運動はしたいけれど、忙しくて時間がない」と、運動を避けていませんか?あるいは、スポーツジムやプールに通わなければ効果のある運動はできないと考えていませんか?


  運動量は、工夫しだいでいくらでも増やせる

 日常生活のなかに運動を取り入れる方法は、いくらでもあります。


  家事もやり方しだいではりっぱな運動になる

 家のなかでも、運動量を増やすことは簡単にできます。たとえば、窓ふき、床のぞうきんがけ、風呂掃除などは、ていねいにやれば、ふだん運動不足の人にとってはりっぱな運動になります。


◆ 運動するときはこんな点に気をつけて ◆


  激しすぎる運動はかえって逆効果

 運動をしてもその効果が現れるまでには時間がかかります。では、激しい運動をすれば運動の効果は上がるのでしょうか?これは、まったく意味がありません。


  運動中、水分補給を怠ると脱水症になる危険も!

 運動中の水分補給は、重要なポイントの一つです。運動中に水を飲むと疲れるといわれていたのは過去のことで、運動中のこまめな水分補給はいまや常識です。


  体調の悪いときは無理をせずに休むことも大切

 体調のすぐれない日、天気の悪い日は、運動を休むことも大切です。いくら毎日続けることが大切だとはいっても、無理をして事故を起こしたり、体をこわしてしまっては運動をする意味がありません。


◆ 肥満解消が急務な人は運動療法も積極的に ◆


  食事療法と運動療法を並行して行うことが重要

 高中性脂肪の状態を改善するには、食習慣を適切な状態にすることが、絶対的な条件となります。


  食事・運動療法で均等にカロリーを消費する

 具体的には、食事療法で減らすカロリーと、運動療法で消費するカロリーを同等にするということです。


  ダイエットに焦りは禁物

 急激に体重減少を行おうとすると、体のどこかに必ず不都合が生じます。体内の代謝のバランスが、それに対応できなくなるからです。やせたいと思うあまり、極端な食事制限をしたり、体を痛めつけるような運動を続けたりすることは、絶対にしてはいけません。


スポンサードリンク
◆ ”運動初心者”はこんなことにも要注意! ◆


 激しい運動はいうに及ばず、長年、運動とは無縁だった人が、たとえそれが軽めの運動、たとえばウォーキングだったとしても、体にかかる負担は本人が考えている以上に大きいものです。


 しかも、自分では「おなかまわりにちょっと脂肪がつきすぎた」ぐらいに考えていたとしても、知らず知らずのうちに高血圧や動脈硬化が進行しているケースは、少なくありません。その場合、症状によっては、健康のためによかれと思って始めた運動がかえって危険を招くことにもなりかねません。


 すでに脂質異常症(高脂血症)と診断された人はもちろん、中高年以上で、長年、運動の習慣がなく、年に1度、健康診断を受けていない人は、自覚症状がなくても運動を始める前に必ず医師に相談するようにしてください。また、心臓病や糖尿病などを合併している場合は、医師の判断は絶対に欠かせません。


 それに加え、運動に適した柔軟な体をつくることも大切です。長年、放っておいた筋肉や関節、腱はカチカチに固まっているため、自分では何でもない動作だと思っていても、つい痛めてしまうことがあるからです。それで、やる気をくじかれ、途中でやめてしまったという人も多いようです。


 そのようなケガを防ぐには、日ごろから仕事や家事の合い間にちょっとした時間を見つけてストレッチを行うとともに、運動前後の準備体操(ウォーミングアップ)と整理体操(クーリングダウン)を欠かさないことが肝心です。



■免責事項

 「運動で中性脂肪を下げる」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。

 「運動で中性脂肪を下げる」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。

 「運動で中性脂肪を下げる」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。

運動で中性脂肪を下げる 〜TOP〜
運動をしても体重は減らない
有酸素運動を習慣に
運動する習慣がなかった人
運動が苦手な人
こまめに体を動かそう
運動はこんな点に気をつけて
肥満解消が急務な人

スポンサードリンク























































































































































































Copyright(C) 運動で中性脂肪を下げる All Rights Reserved
PR:高脂血症食事 健康お酢オーガニック高血圧