本文へスキップ

高齢者の治療のポイント

高血圧と健康生活

TOP > 高齢者の治療のポイント

スポンサードリンク



すぐに血圧上昇


 人間、年をとれば誰でも動脈硬化におちいるものです。その結果、少々血圧が上昇するのはやむをえません。

 年をとれば耳が遠くなったり、目がかすんだりするのと一緒なのです。ただし、血圧と他の老化現象との著しい違いは、脳卒中など直接、死に関係している危険な症状だということです。

 老年期の高血圧の特徴は、最高血圧の上昇が特徴的で、最低血圧はあまり変化しません。最高血圧が200を軽く突破してしまうお年寄りもめずらしくはありません。

 もう一つ特徴的なことは、ちょっとした刺激ですぐに血圧が上昇してしまうことです。

 階段をのぼる、早足で歩く、ショックなできごとに遭遇する、といったことで、心臓が早鐘のようになり、それがそのまま血圧となってあらわれるのです。

 その結果、脳卒中などにおちいるわけです。





日常生活に気をつける


 血圧降下剤を服用しているとはいっても、お年寄りの場合は安心できません。というのは、血管そのものがもろくなっていますし、ちょっとしたことですぐに血圧が上昇してしまうからです。

 日常生活で気をつけなくてはならないことは、重いものをもったりしないこと、急に動かないこと、怒らないこと、気温の急激な変化を受けないこと、とくに寒さには注意すること、などです。

 軽い晩酌程度ならばかまいませんが、過度の飲酒は慎みましょう。またタバコについても同様です。





薬を飲んだら変化に気をつける


 お年寄りは薬が一般的に効きすぎる傾向にあります。血圧降下剤を飲んで、立ちくらみやめまい、動悸など、服用前には見られなかった症状がでるようでしたら、血圧が下がりすぎた結果かもしれません。

 下がりすぎると脳梗塞などの発生の危険があります。

 薬はなんでも効く、というのは誤解です。とくにお年寄りの場合は様子を見ながらの投与になりますから、服用後の体調の変化は、くわしく担当医に報告するようにしてください。


免責事項

「高血圧と健康生活」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
「高血圧と健康生活」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。
「高血圧と健康生活」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。