本文へスキップ

大動脈瘤

高血圧と健康生活

TOP > 大動脈瘤

スポンサードリンク



動脈硬化が原因の大動脈瘤


 大動脈とは心臓から直接つながっている太い動脈のこと。大動脈瘤というのは血管が高い血圧に耐えられなくなってしまい、風船のようにプックリ膨らんでしまった状態をいいます。

 通常の状態では、心臓から送りだされる高圧の血液は、弾力性にとんだ大動脈に流れこみ、猛烈な勢いで全身に流れていきます。

 ところが、この大動脈が動脈硬化を起こしていると、高い血圧に対応できなくなってしまいます。その結果、血管が外側に膨らんでしまうわけです。





瘤は破裂する前兆


 瘤ができるのは、まだある意味では幸いです。なぜならば、高血圧を瘤という一種の緊急避難の形で吸収したからです。もし、吸収できなかったとしたらどうでしょう。血管はたちまち破れ、大量の血液がそれこそドッと流れでます。

 実際に大動脈が破裂してしまうと、肉体的なショックは、はかり知れないほど大きく、たいていの場合は死に至ります。

 大動脈瘤にヒビがはいっただけでも、肩や背中、腹部にたいへんな痛みが生じます。





手術によって血管を補強


 大動脈瘤は偶然に発見されることが多いものです。というのは、これといった自覚症状がないからです。瘤ができれば、多少の痛みはありますが、腹部の動脈瘤以外は、腫れたりしません。

 予防はひたすら動脈硬化にならないこと。かりに大動脈瘤が発見されたら、血管が破裂する前に人工血管をつけたり、あるいはツギアテをしたりして、血管を補強します。


免責事項

「高血圧と健康生活」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
「高血圧と健康生活」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。
「高血圧と健康生活」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。