本文へスキップ

狭心症

高血圧と健康生活

TOP > 狭心症

スポンサードリンク



心筋梗塞の一歩手前の状態


 心臓は筋肉の固まりです。しかも、24時間休みなく働き続けています。心臓が消費するエネルギーも莫大なものがあり、そのためには冠動脈という専用の動脈をもっています。

 問題はこの冠動脈の内面が、高血圧等の原因で動脈硬化となり、狭められたときです。心臓にいくべき血液の量が減ってしまい、酸素と栄養が不足します。すると心筋はたちまち窒息状態におちいり、機能が低下します。これを虚血性心疾患といいます。

 狭心症というのは、この心疾患が一時的、あるいは一部分で発生したもの、つまり「軽い状態」ということができるでしょう。

 ただし、軽いといっても自覚症状はたいへんなものがあります。動悸がし、胸がギューと締め付けられるような感覚に襲われます。

 この状態は、心筋梗塞の前段階ということができます。





危険な安静時の発作


 狭心症の発作には二つのタイプがあります。

 一つは、運動や神経が高ぶったときに発生する「労作狭心症」と、安静にしているときに、前ぶれもなく発生する「安静狭心症」です。

 運動したり興奮したりすれば誰でも動悸が荒くなりますが、前胸部に激しい締め付けられるような痛みを気にしないでいられる人は少ないでしょう。とくに痛みの回数が増したり、時間が伸びたりする場合は不安定狭心症といって明らかに心筋梗塞の前兆ですから医師の診断治療をすみやかに受けましょう。


痛みの種類


 痛みの種類としては、胸が締め付けられるようなものから、なかには胸が焼けるような痛み、あるいは不快感に襲われる人もいます。

 痛みを感じる場所は胸骨といって前胸部の真ん中にある平たい骨の真後ろで、この部分に締め付けられるような痛みが生じるのが最も典型的です。このような痛みがあったら狭心症または心筋梗塞の可能性が高いといえます。

 痛みが強い場合は、胸を中心にして左肩、左腕頸部やあごに痛みが散っていくような感じを受けます。

 発作の時間は数分、長くても10分程度でしょう。危険な安静狭心症は10分以上続くことがあります。





心電図で適正判断を


 狭心症であるかないかを判断するには、心電図で確認することが肝心です。しかし、心電図は発作が起きている最中しか正確に判断することができません。したがって、発作のないときは、心電図で異常を発見できないこともあります。この場合、症状の存在が診断上非常に役立ちます。

 一定の運動をしたあとに取る心電図(運動負荷心電図)ならば、ある程度のことがわかります。

 冠動脈造影などを併用すればなお一層、しっかりしたことが判明します。


免責事項

「高血圧と健康生活」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
「高血圧と健康生活」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。
「高血圧と健康生活」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。