本文へスキップ

一過性脳虚血性発作

高血圧と健康生活

TOP > 一過性脳虚血性発作

スポンサードリンク



脳梗塞の前触れ


 脳梗塞にはいちばん重要な前触れがあります。それがこの一過性脳虚血性発作です。具体的な症状は、

 @言語障害、一時的に言葉がでなくなってしまう。

 A他人の言葉が理解できない。言葉はわかるが、その意味がさっぱりわからなくなってしまう。

 B体の一部が麻痺してしまう。自分の体ではないような感じで、意志が伝わらず、動かなくなってしまう。

 C力が急に抜ける。手に持っていたコップが意味もなくスルリと抜け、落としてしまったり、箸が持てなくなったりする。

 D歩行中突然意識をなくし、倒れてしまうが、すぐに意識を取り戻す。

 こういった症状がでたら、脳に一時的な血栓が生じたことを示します。脳梗塞の前触れと理解できます。





24時間以内に回復してしまう


 原因は脳の中の血流が一時的に阻害されるからです。

 理由はいろいろありますが、脳梗塞の前兆として考えられるのは、動脈硬化です。脳梗塞となる直前に血流が戻り、大事にいたらなかったと考えられます。

 この症状の特徴的なところは、24時間以内に症状が消えてしまう点です。血流が元どおりになってしまえば、脳の活動も戻りますから、何事もなかったように生活できます。

 しかし、実際は脳梗塞一歩手前の危険な状態におちいったわけですから、治療が必要になります。

 発作が一度でもあれば、必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。





免責事項

「高血圧と健康生活」は、情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
「高血圧と健康生活」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。
「高血圧と健康生活」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。